システム

インフォームド・コンセントにのっとった治療

※インフォームド・コンセント 医師が患者に診療の目的・内容を十分に説明して、患者の納得を得て治療すること。

photo_01

診察室

各ユニットはカーテンで仕切られています。 (天神店のみ)

当院ではドクターが患者様に診療の目的・内容を十分に説明した上で患者様の納得を得てから治療開始をすることをモットーとしています。
photo_02

インターネット予約システムにより待ち時間の短縮

24時間インターネット予約システムを導入しております。ご予約ください。

診察室

ユニット

ドイツ カボ社の歯科用チェアです。国産にない、素晴らしい機能が付いています。例えば、うがい、水回り全てにおいて過酸化水素で消毒された水が出てきます。ドリルに逆流弁が付いていて削ったものを吸い込まないようにしてます。

全て、滅菌しています。

photo_03

最先端器具の充実

麻酔を使用しなくても、治療可能な場合が多い。 つまり、患者様の治療中の痛みへの負担・不安が少なくてすみます。従来の音に対する不安が少ない。 患者様と器具が全く触れることなく治療できるので、衛生的です。殺菌・止血効果が期待できます。 治療中の出血を最小限に出来るので、治療の安全性が向上します。術後の腫れ・疼痛が少ない。痛みへの負担の少ない治療が、治療後にも継承されます。

photo_04
歯科用レーザー

最先端器具の充実

麻酔を使用しなくても、治療可能な場合が多い。 つまり、患者様の治療中の痛みへの負担・不安が少なくてすみます。従来の音に対する不安が少ない。 患者様と器具が全く触れることなく治療できるので、衛生的です。殺菌・止血効果が期待できます。 治療中の出血を最小限に出来るので、治療の安全性が向上します。術後の腫れ・疼痛が少ない。痛みへの負担の少ない治療が、治療後にも継承されます。

photo_05

笑気吸入鎮静法(笑気酸素混合ガスの吸引)

笑気ガス(笑気酸素混合ガス)とはアメリカなどではよく使用されている麻酔用のガスの事です。これを使用することで、治療時の不安感や恐怖心を取り除くことが出来ます。 この笑気吸入鎮静方は神経過敏な方、歯科治療に恐怖心をもっている方、小さな子供さんなどにはうってつけです。歯を抜いたり、親知らずを抜いたり、外科的手術やインプラント手術を受けるときでも、事前に笑気酸素混合ガスを吸引しておけば、楽に治療を受けることができます。

photo_11

インプランター

インプラントを入れるときに使用する機械。骨に穴をあけるときに使用します。

photo_06 口腔内カメラ

口腔内カメラ及びデジタルレントゲンシステム

口腔内カメラは患者様ご本人では確認することの出来ないお口の中の状態を見ていただくことが出来ます。治療前と治療後の変化を見て頂くことなど治療の過程が解ります。 レントゲン被爆線量を従来の1/4~1/10に軽減でき、廃液の処理や、人や環境にやさしいシステムを採用しています。

光重合機

光重合機(短時間硬化型)

光重合型レジン(光を当てると固まるプラスチック)を虫歯を削った後に詰める装置です。 今まで20秒かかるのが僅か3秒でOKなので口を空ける時間が少ないです。 光重合型レンジ

photo_08
電動麻酔器

最新の医療機器

麻酔注射ですが誰でも痛いのは嫌なものです。 電動麻酔機は細い針(31G)をつけて麻酔をかけます。麻酔の液が一定でゆっくりと出る為に今までの麻酔注射とは全く違って、殆ど痛みがありません。

photo_09

虫歯発見器

この装置は虫歯を早期発見する最新のレーザー機械です。歯に当てるだけで、数値で虫歯の大きさが解ります。

photo_10

エアブレージョン

特殊な砂状の物を虫歯に当てて患部を削り取ります。
・麻酔なしで虫歯を削れます。
・削るところを最小限に抑えます。
・キーンという嫌な音がしません。

photo_15

位相差顕微鏡

口腔内のプラークを採取して、細菌が動いているのをお見せします。

口の中のケアを中心とした予防処置

photo_14

エアーブロー

重曹を使って水と風(空気)でシューと吹き付けて汚れを落とします。歯を削らない為に歯への影響はありません。タバコのヤニやコーヒーによる色素沈着による着色を綺麗におとします。

photo_07

P.M.T.C (Professional Mechanical Tooth Cleaning)
歯科医師,歯科衛生士による歯面清掃

虫歯や歯周病の予防に歯磨きが大切なことはわかっているのですが、ホームケアだけですべての歯面を完全に清掃することは難しいことです。 たとえば、歯と歯の間には普通の歯ブラシだけでは清掃できないのでデンタルフロスや歯間ブラシが必要になります。 とくに歯の裏側や奥歯の間などは、誰にとっても清掃のしにくいところといえましょう。また、清掃用具の使い方によっては歯や歯ぐきを傷つけてしまうこともあるので注意が必要です。 このようなホームケアだけでは清掃の難しい、磨き残しの起こりやすい部分を歯科治療の専門家(歯科医師や歯科衛生士)がチェックして、歯垢だけではなく、歯石や歯面沈着物などを含めて清掃することをいいます。 4つのチップを用いて歯間部、歯周ポケット、歯の表面をフッ素入りの研磨剤で磨きます。 (天神店のみ)